グリーンの魅力

パターは奥が深い。

いくらドライバーショットやアイアンがよくてパーオンしても

パットが悪いと全てが水の泡になる。

実はスコアをよくするのに1番重要なのはパター数である。

18ホールを36パターで回ることができたら、ほぼ80台は確実である。

ほぼ80台は確実である。

でもそうはうまくいかない。

なぜなら パットはとてつもなく奥が深いのである。

まずグリーンは水平ではない。

傾斜がついていたりでこぼこがあったりとカップまでのルートが特定しにくい。

次に芝によって抵抗が変わる。芝の種類もあるが 芝の長さによって、

ものすごくころがり具合がかわってくる。

つまりボールのスピードがホールごとに全然変わるのである。

その上 スコアに大きく関わってくるので精神的なものもたいへん影響を与えてくる。

ドライバーをいくら練習してもスコアをまとめることができない。

しかしパターは練習した分、スコアを伸ばせるだろう。

でもパターを練習する人は少ない。

なぜならすごく

つまらないから、

かくいう僕もなかなかパターを練習しない。

悪いスコアの原因がわかっているのになぜかパター練習に熱がはいらないのである。

お金のかかる練習場に向ってしまう。

この辺の心理状況は自分でもまだ分からないので今いろいろとしらべているところです。