パター練習

パター練習が面白くないのは前に話した通りです。

でもパット数を減らさないといいスコアにならないのも事実です。

そこで新しい練習方法を考えました。

基本的にパターはまっすぐ打ち出さないといけないものです。

まっすぐ打ち出してまっすぐ転がればラインにのせたりロングパットをカップによせたりでsきます。

ではどうやってまっすぐ打つか?

単純に考えてまずぼーるにたいしてボールに対してパターのフェイスがまっすぐ当たらないとまがります。

これが単純なんだけど意外と難しい。

しかもフェイスがまっすぐあたっているのか自分では判断しにくい。なぜならボールは球体だから球体に長方形の板がまっすぐ当たっているかはなかなか判断しにくい。

そこで考えました。

ボールを平行に2つ並べて同時に打てばわかるのです。なぜならすこしでもずれるとボール同士がぶつかるので一目瞭然。

なかなか2つのボールがまっすぐ転がりません。

この練習はまっすぐフェース面を当てるというのがいかに難しいのかということを認識させてくれました。

単純にパターマットを転がすだけではすぐに飽きていたパター練習も意外と長く続けれます。

練習ひとつをおいてもいろいろと工夫が必要なのがゴルフ。

奥が深すぎです。