パターの真髄

パターは練習しなくてもソコソコはいる。

だから余計に練習しなくなる。

しかしスコアをまとめるのにパッティングレベルを向上させることが一番の近道であることは疑いようがない。

パッティングには、どのゴルフ本を読んでも同じというのはない。

別の言い方をすれば色々なフォームや打ち方があって どれが正しいということもないということだ。

いつも成功する自分流のスタイルが 見つければ、きっとそれが一番良いです。 しかし、最初めは、基礎をマスターしたほうがいい。

そこから、自分流を育てたほうがいい。

いきなり自分流で始めるとムラが出やすくなる。

いろんな打ち方があるパターで、基礎というか基本というのはまず芯で玉をとらえるということだ。

どんな打ち方でも構わないがこのパターで芯を外したものは一律的にミスショットだ。それがたまたまカップインしてもらっミスにかわりない。必ず芯で打つこと。これを心がける。

それができたらこんどは、ストロークの取り方。

ターゲットラインに対して、ヘッドをまっすぐ引いて、まっすぐ出すのが、

正しいストローク。

つまり支点となるグリップエンドが、動かないように することだ。

この二つは基礎中の基礎。

ただこれがとてつもなく鍛錬しないとできない。

練習場に行かない日も毎日やらないとまず芯でとらえる確率が落ちる。

単純なものほど難しいという代表的なものだと思う。

ここにゴルフの真髄があると思う。