新幹線をお得に利用する

image

東京,大阪間の新幹線を安くする方法

年に数回ゴルフで関西方面に遠征することがあります。もともとゴルフを始めたのが関西に住んでいた時期なのであちらにもゴルフ絡みの人が結構います。
でも大阪までは横須賀からだとクルマで6 時間ぐらいかかります。
昔は、高速道路で夜中出て朝にゴルフ場につくというスタイルをがんばってやっていたのですが、これだとどうしても疲労感からかスコアが思ったほど伸びません。

関西のつっこみにはイライラする

『お前、むかしより下手になったんちゃうか?』みたいに関西弁で言われるのは結構むかついたりします。それで気持ちよくゴルフをプレイして勝利をつかむために最近は大阪に一泊するようにしているのですが、それだと余計な宿泊代や食事代がかかります。そこで交通費を浮かせるためにいろいろと工夫が必要になってきます。

たとえば

LCC で成田空港から関空まで行き南海ルートで大阪まで行く方法とか高速バスで横浜から大阪まで行く方法とかです。

普通に片道1 万円ぐらいでいけるというメリットがある反面、空港までの距離が遠かったりとか移動中のバスの座席がせまかったりといろいろとデメリットもあります。
まあ物事には長所・短所は、つきものなのでそれは仕方ないと思います。なるべく選択肢は多いほうがいいのでいろいろと移動方法さがしてたら『おおっ!これはお得かも』と思えるものをを見つけたので皆さんに紹介したいと思います。

この方法にもメリットとデメリットがあります。

その方法とは格安新幹線を利用してで東京から新大阪まで行くルートです。
これはJR東海が販売しているぷらっとこだまというチケットでいく方法です。

ぷらっとこだまについて

東京の品川駅から新大阪まで指定席の通常料金ですと14,100 円ですが
ぷらっとこだまだと指定席10,300 円です。差額は3,800 円です。
このチケット、実はグリーン席の枠もあってそちらだと11,800 円なのですが
これが通常のグリーン席の料金だと18,920 円で7,120 円も得することになるのです。

だからぷらっとこだまに乗るならグリーン車に乗ることをオススメします。

こだまのグリーン車は、人がそんなにいないし、隣に人が座ることもあまりなく、すごく快適に過ごすことが出来ます。以上がメリットでして次にデメリットを書きたいと思います。

短所はだいたい想像つくと思いますが時間が通常よりかかるということですね。

値段が安い分、時間がかかる。これがデメリット。まあ車内空間は新幹線なのでまあまあ快適でネットでもみながら過ごせばいいかな。ちなみにこだまでも、

ちゃんとN700 系の新幹線を狙えばコンセント付きの座席になるので移動中のパソコン作業なんかも心配後無用です。

小さなことかもしれませんが我々ネット市民にとっては大事なことです。まあ最強に安い手段は高速バスですが、あれはゴルフの帰りには乗ってもいいかなあと思いますが、行きに使ってしまうと体力を激しく消耗し、ゴルフを楽しめなくなることが多いのであまりオススメできません。。。

コメント

  1. Rody より:

    ずっとどこにも行っていないので、久々に新幹線に乗って大阪に行きたくなりました!お得な情報をありがとうございました。

    • ナカバヤ より:

      こだまなので各駅停車です。利用するときには旅行のスケジュール管理がポイントになりますよ。