日本百名山

スポンサーリンク

日本百名山は、深田久弥というおっさんが登った山のことをまとめた作品で下のような基準で選んだ山についてあれこれ書いた随筆集。

  • 山の品格 – 人には人格があるように、山には『山格』のようなものがあるとし、誰が見ても立派な山だと感嘆する山であることを、第一の基準とした
  • 山の歴史 – 昔から人間との関わりが深く、崇拝され山頂に祠が祀られている山であるというような山の歴史を尊重し、第二の基準とした。
  • 個性のある山 – 芸術作品と同様に、山容・現象・伝統など他には無いような顕著な個性をもっていることを、第三の基準とした。

ここでおもしろいことは本人が登ったことのある山が絶対条件。

深田が登っていない山は最初から候補から外れるのであるw

だからかなり偏りがみてとれる。

たとえば登山家に人気で僕も気に入っている唐松岳、燕岳、烏帽子岳、なんかが外されている。なぜ?

百名山にいれるべきだっただろう。

北海道

東北

北関東甲信越

近畿 中国 四国 九州

もともと個人の主観で選ばれた山のリストなので外れた山の中にもすばらしいものはたくさん存在する。でも百名山が有名にになりすぎてリストから外れた山には登らないというちょっとゆがんだブームができてしまった。

そのためかどうかはわからないけど後に200名山や新百名山などのリストがつくられた。