飛距離の裏技

スポンサーリンク

初心者のかたの悩みの1つにドライバーの飛距離が全然出ないと言うことがあると思います。

これは僕が独自に発見したやり方ですが友達にも教えてみたところ50ヤードぐらい伸びました。

言葉で説明するとイマイチ伝わらないかもしれませんがとりあえず動画を作るまでということで簡単に書いておこうと思います。

それはティの位置を自分の前側の足のコブシ1個分先に置くというやり方。

これだとアドレスを取ったときにボールとヘッドの間にヘッド2つ分ぐらいの空間ができます。

これで打ち込むといつもより40ー50ヤード余計に飛びます。

理論は単純でヘッド2つ分加速度があがりその分の威力がボールに伝わるというだけなんですが。

問題は2つ分の空間を作ることによってボールをきちんとミートするのかという恐怖を感じることです。

初心者の方は特に打ち損じの球が真横に飛んだりする経験をされてると思いますのでよけいに怖いと思います。

しかし大丈夫です。

人間の腕は自分の感覚以上に伸びてくれます。

僕はリーチが長いほうなんですが、僕より身長が小さく腕も短い友達も見事にヒットできています。

これをマスターするとビックリするくらいドライバーの飛距離が伸びます。

ドライバーショットがたのしくなりますよ。

友人はこれを知ってからというものドライバーばっかり練習してその他のアイアンとかをサボり気味で困っています。

しかもボールとヘッドの感覚を4つ分あけて僕より飛ばし始めました。

これはちょっと悔しいのですが。

その友人いわくナカバヤ理論はすごすぎる!

どうも文章が下手でうまく伝わらなかったかもしれませんので今度動画を撮ってきたいとおもいます。

メールなんかをくれたらもっと丁寧な説明文を書きますのでよろしくお願いします。